会社案内

会社概要

社名 合同会社日本ネット通信サービス
代表者 井川 裕介(イカワユウスケ)
住所 大阪市城東区中央2-13-22 地図を見る
電話 06-6932-6550
フリーダイヤル:0120-256-251
FAX 06-6932-6556
従業員数 5名
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行・りそな銀行
業務内容 営業代行・通信機器の販売、通信事業全般、ウォーターサーバー販売、古着・古本のFC、等

代表挨拶

この度は、合同会社日本ネット通信サービスのホームページをご覧いただき誠に有難う御座います。
弊社は、元々繊維業界に革命を起こすべく、祖父井川義一が設立した繊維会社でした。
祖父からよく聞かされたのが、会社というものは環境に適応しなければならない。しかしそこに時代背景、市場、業界の発展規模などを熟慮し、成長し続けなければならないということでした。その信念の下、時代のニーズに合わせ、弊社は発展してきました。
2006年、現在の前衛となる通信事業部ができ、2010年通信事業部を発展させ、合同会社日本ネット通信サービスが出来ました。

現在は、電話、複合機の販売やそれに付随する回線の取次、ウォーターサーバーの販売、古着販売のフランチャイズなど多岐にわたる事業を展開する営業代行会社に成長しました。提携させて頂く会社様の、繁栄に少しでもご協力できる営業代行会社を目指し、日々活動させて頂いております。

ただ単にものを売るというわけではなく、提携会社の皆様と真剣に考え、提案・実行・検証を繰り返して、同じ目標を貫いていきたいと思っております。明るく、誠実に、何事にも向かう志高い人材が揃っておりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

代表経歴

井川 裕介(イカワユウスケ)

摂南大学院卒業後、東証一部上場企業の経営コンサルタント会社に勤め、FC事業、代理店開発、コンサルティング業務を経験、150人の新入社員の中で年間売上TOP3に入る。その後、人材派遣会社で人材教育、営業部隊の育成業務に携わり、2010年代表に就任。現在に至る。

会社沿革

1952年 株式会社の前衛となる、井川ハンカチーフを井川義一が設立
1972年 株式会社化:蒲生ハンカチーフ株式会社設立
1982年 鳥取県東伯郡にて、蒲生ハンカチーフ鳥取工場設立
2000年 人材派遣部門設立
2004年 繊維部門撤退
人材派遣部門売却
2005年 リサイクルショップ部門設立
2008年 和柄ブランド「和銀」立ち上げ
2010年 通信事業部法人化:合同会社日本ネット通信サービス設立

▲ ページTOPへ